立ち位置が変わったことを悟った日


母親としての、立ち位置が変わったと悟った日

長女の場合

結婚式場を決めるときに
何個かある候補の中から
あれがいいんじゃない?これがいいんじゃない?
と、あれこれ言ってたら
ママさん、大丈夫よ、2人で決めるから
と冷たく言われた日
長女、24歳

次女の場合

今の住まいを決めるとき
何個かある物件の中から
あれがいいんじゃない?これがいいんじゃない?
と、助言(つもり)していたら
ママさん、大丈夫、私が決めるから
と切れ気味に言われた日
次女、24歳

結果、どちらも、私が良いなあと思う方ではなかった

でも
それでいいんだと思った
いつまでも親の意見に頼るより
自分で考えて、自分で決めて、自分で実行する方がいい
失敗しても納得がいくだろう
年の功とは言え、親の意見が最良とは限らないし

ああ、そうか、そうね、そうよね、、、、と、
それぞれの日に、スタンスが変わった、と悟った


[PR]

# by yukofufu | 2017-09-29 23:02 | 雑記note | Comments(0)

救急病院


お盆がくるぞ~って焦ってたら
お盆はあっと言う間に終わった
8月も終わった

長女一家と次女が帰省したのは8月11日

帰省当日の夜、孫が高熱を出し、泡を吹いてひきつけた
うちには解熱の座薬も、痙攣止めの座薬もないので
夜中、救急病院に走った

夜間救急窓口がある病院は、
私が娘たちを産んだ病院であり、
次女が昔、入院していた総合病院でもある 
当時は暗くて、天井が低く、古びた病院だった
その後、建て替えられ、すんごい綺麗になっている

おでこに冷えピタを貼った乳幼児を連れた家族が2組

「息子が事故を起こしてしまって、
 被害者の方がこの病院に運ばれたって聞いたんですが」
と顔面蒼白なお母さんが1人

親族集団が2組

座って待っていると、高齢のおばあさんに
「おじいさんが急に入院することになってな
 一旦、荷物を取りに家に帰りたいんやけどな
 帰る足がないんよ
 タクシー呼びたいけど小銭がないんよ
 50円両替してくれんかいな」
と言われ、小銭を渡した

病院には各人のドラマがある


朝、夕に秋を感じるようになった
同僚がおせちの広告を見つけて驚いていた
テレビではハロウインの宣伝を見かけるようになった

上記病院に次女が入院したのは10年前の9月25日から1ヶ月間だった
改めて振り返ると、その記憶は、いまだ生々しい
病室を飾る花を買いに行くと
店内はハロウィンの装飾でいっぱいだったのを思い出す
今日、思い出してしまって、胸が痛くなった

最近は次女のことを思わない日も増えているのだ

不登校だった娘、いろんな騒ぎを引き起こした娘は
通信制高校から、大学に進み、就職して4年目に入った
入社して2年目だったかな・・・まだ東京勤務だったころ
深夜まで残業続きだったことや、顧客との関係でいっぱいいっぱいになり
帰宅途中の電車の中で涙が止まらなくなったと聞き
とても心配したこともあった

一昨日、久しぶりに電話をしたら
「今ちょうど帰り道だよ」と言っていた
夜10時を回っていたが、声はとても明るかった

来月、次女の彼氏が、挨拶に来る
楽しみだけど、ちょっとドキドキしている



[PR]

# by yukofufu | 2017-09-01 18:08 | 雑記note | Comments(2)

朝夕は涼しくなってきたよ

 
 
8月が終わっちゃうぞ!  アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

 
あっという間に師走が来るぞ!
 
ε=ε=ε=(o゚ー゚)oブーン!!
  
  

[PR]

# by yukofufu | 2017-08-31 15:23 | 雑記note | Comments(0)

ホテルにて


アウェイ湘南戦、参戦、平塚まで遠征したけど負けた (。>﹏<。)
雨やし、完敗やし、、疲れた
今晩泊まるホテルは品川


人生は、いい日、悪い日、普通の日ででてきている
最近はいい日が多かった

徳島ヴォルティスは快調で(今日は負けたけど)
1年待ったゲームオブスローンズの第7章が始まり
バンドオブブラザーズにハマり
グレイズアナトミーのシーズン13もある
(シャーロックは見逃し続けてる)


で、気がつけば8月がすぐそこにきていた
有頂天になってたら、つまづくわ




[PR]

# by yukofufu | 2017-07-29 23:45 | Comments(0)

卒業すべきは子供であるべき


卒母

ちょっと前に事務所で話題になっていた

いつまでも子供に干渉しない、過保護にするんじゃないよ
子供は精神的にも金銭的にも独立させなきゃだめよ

ってことよね・・・そりゃあ、そうだ

でも、それはそれとして、ネーミングがねぇ
「卒」ねえ、卒業の「卒」よねぇ
「卒」を「母」にフィーチャーするところがねえ、、、

親が過保護でも、過干渉でも、虐待でも、放置でも、いわゆる普通でも
子供たちは、子鳥が初めて羽ばたくときのように、
羽をバタバタさせて、もがいて、転んで
いつか、自分の羽で飛んで行かなきゃいけない

飛び立つべきは、卒業すべきは子供であるべき

飛び立つ子を見送った母親は、地上から見上げる母親は
スキップして、自身の人生を楽しむのだ

私も、娘たちに対して過保護な方だったと思う
でも、娘たちが家から居なくなって寂しいか?・・・どうだろう?
娘たちが家を出ていって、心配はあったけど
「子育て終わった~!!」っていう「達成感」の方が大きかったと思う
子育てに向いてなかったのかもしれない、家事も嫌いだし
それよりは、本を読んだり、映画を観たり、夫と旅行に行ったりがいい

なんて言いながら
明日から長女宅で「女子会」
娘婿が出張で居ないのでヘルプされた
次女もやって来るので、久しぶりの女3人+孫娘でまったり過ごす予定

こういうことを言うと「卒母できてない」とか言われるのかな

でもねえ
「母」は卒業しないよ
あたしはいつまでも母だよ
80歳になっても100歳になってもね



[PR]

# by yukofufu | 2017-07-21 18:25 | 雑記note | Comments(0)